TOPIC NEWSトピック&ニュース

2月10日はフットケアの日2020/02/14

カテゴリー: 新着情報

naturally代表の南方和美です。

日本フットケア学会と日本下肢救済・足病学会、および日本メドトロニックは、啓発活動の一里塚とすべく2月10日を「フットケアの日」と制定した
(日経メディカルから抜粋)
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/special/dm/pickup/201201/523145.html

関西のフットケアデー3月15日です。

【講演】

13:00〜13:20  
医師講演 座長:大阪労災病院 溝端美貴氏
「透析患者におけるPADの治療戦略」 
講演:井上病院 血管外科部長 谷村信宏氏

13:30〜14:00(講義15分 実技15分)
「きれいな姿勢になるためのスマートエクササイズ」 
講演:健康運動指導士 南方和美

14:10〜14:55
「ポスチュアウォーキングレッスン」 
講演:ポスチュアスタイリスト 竹中好美氏

【フットケア実技】

13:00〜15:00
*足模型フッティの爪切り・胼胝削り5台
*ABIドブラ法2セット
*spp2台
*下腿マッサージ3セット

【体験ブース・展示販売】

歩行年齢検査 サポート理学療法士:松藤勝太氏
フィラピー イオンドクター 足型計測 サポーター義肢装具士:須藤祐介氏

参加費1000円(事前予約制 参加予定120名)
(取得可能認定単位:慢性腎臓病療養指導看護師3point  フットケア指導士5単位「講師10単位」)

私は足の健康「姿勢」からアプローチさせていただきます。

糖尿病による足病変、合わない靴による外反母趾・開帳足・こんにゃく足・むくみ、骨盤の歪みや体幹弱化によるハンマートゥ・浮指・胼胝など、足の辛いトラブルは分析が必要です。
痛みなく快適に歩くためには薬が必要な人もいるでしょう。
合わない靴を手放すことができないならばインソールで調整することも大切です。
骨盤の歪みや弱化した体幹には、コツコツとトレーニングをしなくてはなりません。

3月15日に私がお伝えしたいことは、足の健康のために正しい(きれいな)姿勢を作る意味と、その方法です。

change perspective
〜視点を変える〜
あらゆる症状に対して少しでも予防・改善に導くことができると信じています。

カテゴリー: 新着情報