TOPIC NEWSトピック&ニュース

足底のタコに対するセルフケア2019/04/06

カテゴリー: 女性の健康

naturally代表の南方和美です。

足のトラブルで足底にできたタコって意外と多い。
皮膚に対する圧迫や摩擦が頻繁に起こることが起因しますが、特にタコができる身体的要因として体重過多筋力アンバランスによって起こる開帳足が挙げられます。

また年齢を重ねると、筋力低下によって足裏部のアーチが低下するために開帳足と扁平足の両方を招きタコを生じやすくなる傾向があると思います。
高齢者は変形性ひざ関節症や腰痛などでセルフケアの姿勢すら困難になるケースがあります。
使用済みのラップ芯を使ったセルフケアを試してみてください。
座位の姿勢でラップ芯の上に裸足の足を乗せ、痛みのない範囲で転がしてみましょう。
簡単なセルフケアになります。


(ゴルフボールなど硬すぎるものに関しては、足底の脂肪量が少ない方や高齢の方は刺激が強すぎて逆効果になる場合がありますので、ラップ芯やテニスボールが良いでしょう)

日本人の正しい歩行機能は「かかと着地足拇指の蹴り出しですが、タコがある時は不十分になりますね。
ただ、着地や歩行全体が安定して転倒リスクが軽減するのは、やはり「かかと着地足拇指の蹴り出し」なのです
外反母趾や巻き爪など足裏のトラブルも、そうならないための予防が大切!
簡単なセルフケアを心がけてくださいね。

さて、今日と明日は「芦屋さくらまつり」です。
夜桜の色気に翻弄された夜。なんか良い!なんか幸せだ♡

 

カテゴリー: 女性の健康